小旗(読み)こばた

精選版 日本国語大辞典「小旗」の解説

こ‐ばた【小旗】

〘名〙
① 小さい旗。
※洒落本・淫女皮肉論(1778)吉原の千疋犬「土橋のお幸、白き小ばたをさっと立つれば」
② 当世具足の指物(さしもの)にする小旗。
※太平記(14C後)二九「三幅の小旗に赤き手を両方に著たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「小旗」の解説

小旗 (コバタ)

学名:Hibiscus syriacus f.kobata
植物。アオイ科の落葉低木・小高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の小旗の言及

【衛所制】より

…1衛は5守禦千戸所よりなり,千戸所の長が千戸である。1千戸所は10守禦百戸所よりなり,その長は百戸で,その下に総旗2名,小旗10名があり,1百戸は112名(総旗は5小旗,小旗は兵士10名)を率いた。したがって1衛の兵数は5600人を基本とし,都指揮使司(都司)に統率され,都司はさらに中央の五軍都督府に統率された。…

※「小旗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android