コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小曾根六左衛門 こぞね ろくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小曾根六左衛門 こぞね-ろくざえもん

1800-1863 江戸時代後期の商人。
寛政12年生まれ。肥前長崎の人。没落した家をおこし古着商としてさかえる。安政6年子の乾堂(けんどう)とともに,のち小曾根町とよばれた外国人居留地となる埋立地をつくった。古書画,篆刻(てんこく)を愛好し,俳諧(はいかい)などもよくした。文久3年6月7日死去。64歳。号は竹影。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小曾根六左衛門の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝インド哲学坪井九右衛門中島名左衛門定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android