コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小曾根六左衛門 こぞね ろくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小曾根六左衛門 こぞね-ろくざえもん

1800-1863 江戸時代後期の商人。
寛政12年生まれ。肥前長崎の人。没落した家をおこし古着商としてさかえる。安政6年子の乾堂(けんどう)とともに,のち小曾根町とよばれた外国人居留地となる埋立地をつくった。古書画,篆刻(てんこく)を愛好し,俳諧(はいかい)などもよくした。文久3年6月7日死去。64歳。号は竹影。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小曾根六左衛門の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝インド哲学坪井九右衛門中島名左衛門定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android