コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小村松庵 こむら しょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小村松庵 こむら-しょうあん

?-? 江戸時代前期-中期の和算家。
諸国を歴遊し,元禄(げんろく)14年(1701)越中富山で「漢術和変」をあらわす。その流派は信濃(しなの)(長野県)の小県(ちいさがた)・佐久地方にひろまった。別号に寿軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例