コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松彰 こまつ あきら

2件 の用語解説(小松彰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松彰 こまつ-あきら

1842-1888 明治時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)13年3月9日生まれ。もと信濃(しなの)(長野県)松本藩士。江戸で塩谷宕陰(しおのや-とういん),古賀謹一郎にまなび,帰郷後は佐久間象山(しょうざん)に師事。維新後,文部大丞,豊岡県令などをつとめる。のち東京株式取引所頭取,東京米商会所頭取などを歴任した。明治21年3月24日死去。47歳。通称は左右輔。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小松彰

没年:明治21.3.24(1888)
生年:天保13.3.9(1842.4.19)
明治前期の官僚,のち実業家として活躍。松本藩(長野県)藩士。幼名は金八,左右輔。藩校崇教館に学び,上京後は塩谷宕陰や佐久間象山に師事する。新政府にあっては,倉敷県(岡山県)判事,文部大丞,豊岡県(兵庫県,京都府)県令などを歴任。明治15(1882)年以降,実業界に転じ,東京株式取引所初代頭取となる。維新期には貢士選出に当たるなど,広い視野を持った論客として信望を得た。

(笠原英彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松彰の関連キーワード実業家池松時和倉橋藤治郎郷純造阪本仙次佐々木秀司四条隆英関盛治堤定次郎牧朴真

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone