小松輝久(読み)こまつ てるひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小松輝久」の解説

小松輝久 こまつ-てるひさ

1888-1970 明治-昭和時代前期の軍人
明治21年8月12日生まれ。北白川宮能久(よしひさ)親王の4男。那智艦長,旅順要港部司令官などをへて昭和17年第六艦隊司令長官。海軍中将。貴族院議員戦後は平安神宮宮司をつとめた。昭和45年11月5日死去。82歳。東京出身。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android