コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松輝久 こまつ てるひさ

美術人名辞典の解説

小松輝久

海軍軍人・侯爵貴族院議員。東京生。北白川官能久親王の第4子。第一潜水戦隊司令官、海軍潜水学校長、海軍大学校教頭を歴任、海軍大佐に累進する。、あた平安神宮宮司も務めた。正三位勲一等。昭和45年(1970)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松輝久 こまつ-てるひさ

1888-1970 明治-昭和時代前期の軍人。
明治21年8月12日生まれ。北白川宮能久(よしひさ)親王の4男。那智艦長,旅順要港部司令官などをへて昭和17年第六艦隊司令長官。海軍中将。貴族院議員。戦後は平安神宮宮司をつとめた。昭和45年11月5日死去。82歳。東京出身。海軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小松輝久の関連キーワード海軍軍人明治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小松輝久の関連情報