コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林喜作 こばやし きさく

1件 の用語解説(小林喜作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林喜作 こばやし-きさく

1875-1923 明治-大正時代の猟師,山案内人。
明治8年生まれ。大正7年から11年にかけて,北アルプス大天井(おてんしょう)岳から東鎌尾根をへて槍ケ岳にいたる喜作新道(アルプス銀座)を独力でひらいた。大正12年4月5日鹿島槍ケ岳で雪崩(なだれ)のために死去。49歳。長野県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小林喜作の言及

【大天井岳】より

…北アルプス表銀座縦走路の中間点に位置し,また常念岳方面への縦走路の分岐点にもあたり,毎夏の登山者が多い。南の赤岩岳を経て槍ヶ岳へ至る尾根道は,1923年穂高町牧の名ガイド小林喜作によって開かれ,喜作新道と呼ばれている。【伊藤 真人】。…

※「小林喜作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小林喜作の関連キーワードチェコ文学奥健蔵キネマ旬報日活(株)ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone