コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林如泥 こばやし じょでい

2件 の用語解説(小林如泥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林如泥 こばやし-じょでい

1753-1813 江戸時代中期-後期の木工家。
宝暦3年生まれ。父のあとをつぎ,出雲(いずも)松江藩主松平治郷(はるさと)に大工方としてつかえる。曲げ物を得意とし,繊細な浮き彫りでも知られる。代表作に「菊桐文桐小箱」「桐袖障子」など。文化10年10月27日死去。61歳。出雲出身。幼名は甚八。通称は安左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小林如泥

没年:文化10.10.27(1813.11.19)
生年:宝暦3(1753)
江戸後期の木彫・木工家。歴代が出雲松江藩主松平家に大工方として仕えた。小林安左衛門の子。松江大工町生まれ。幼名は甚八,通称を(2代)安左衛門,剃髪ののちは如泥と号した。37歳のときに大工並,44歳のときに10石3人扶持御細工人・奥納戸御好御用係となった。大名茶人として著名な藩主松平不昧(治郷)の愛顧を受けて江戸でも御用を務めた。酒を大いに好み,常に酔って泥の如し,そのために如泥の号を賜ったという。指物,木彫にすぐれ,曲物は継ぎ目がわからないほどだったという。<参考文献>上野富太郎・野津静一郎編『松江市史』

(小池富雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の小林如泥の言及

【曲物】より

… 現在,曲物に用いる材は尾州檜,吉野杉が最上とされ,曲げる板の一部にでも癖があれば正円形が得られないので,1本の丸太から使用されるのはその3割程度という。特殊なものにキリ材による室町時代の曲物浄菜大盆(京都相国寺),小林如泥(1753‐1813)作のクワ材による曲物煙草盆などがある。また類似のものに,挽曲(ひきまげ)造の折櫃(おりびつ)などがある。…

※「小林如泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小林如泥の関連キーワードペグマタイト大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家小林如泥ソーンドゥーフ宝暦治水

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone