コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林如泥 こばやし じょでい

2件 の用語解説(小林如泥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林如泥 こばやし-じょでい

1753-1813 江戸時代中期-後期の木工家。
宝暦3年生まれ。父のあとをつぎ,出雲(いずも)松江藩主松平治郷(はるさと)に大工方としてつかえる。曲げ物を得意とし,繊細な浮き彫りでも知られる。代表作に「菊桐文桐小箱」「桐袖障子」など。文化10年10月27日死去。61歳。出雲出身。幼名は甚八。通称は安左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小林如泥

没年:文化10.10.27(1813.11.19)
生年:宝暦3(1753)
江戸後期の木彫・木工家。歴代が出雲松江藩主松平家に大工方として仕えた。小林安左衛門の子。松江大工町生まれ。幼名は甚八,通称を(2代)安左衛門,剃髪ののちは如泥と号した。37歳のときに大工並,44歳のときに10石3人扶持御細工人・奥納戸御好御用係となった。大名茶人として著名な藩主松平不昧(治郷)の愛顧を受けて江戸でも御用を務めた。酒を大いに好み,常に酔って泥の如し,そのために如泥の号を賜ったという。指物,木彫にすぐれ,曲物は継ぎ目がわからないほどだったという。<参考文献>上野富太郎・野津静一郎編『松江市史』

(小池富雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小林如泥の言及

【曲物】より

… 現在,曲物に用いる材は尾州檜,吉野杉が最上とされ,曲げる板の一部にでも癖があれば正円形が得られないので,1本の丸太から使用されるのはその3割程度という。特殊なものにキリ材による室町時代の曲物浄菜大盆(京都相国寺),小林如泥(1753‐1813)作のクワ材による曲物煙草盆などがある。また類似のものに,挽曲(ひきまげ)造の折櫃(おりびつ)などがある。…

※「小林如泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小林如泥の関連キーワード勝部栄忠松平斉恒石本水月軒清水南山(1)天鱗永原英造萩野鳩谷松田秋水森為泰横山青藍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone