コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木正三 ナミキショウゾウ

デジタル大辞泉の解説

なみき‐しょうぞう〔‐シヤウザウ〕【並木正三】

[1730~1773]江戸中期の歌舞伎狂言作者。初世大坂の人。並木宗輔の弟子。浄瑠璃の手法を応用した脚色と、奇抜な舞台装置で新生面を開いた。代表作三十石艠始(さんじっこくよぶねのはじまり)」「宿無団七時雨傘(やどなしだんしちしぐれのからかさ)」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

並木正三【なみきしょうざ】

歌舞伎狂言作者。大坂の人。名は〈しょうぞう〉と読まれてきた。初め泉屋正三の名で歌舞伎狂言を書き,1750年並木宗輔門下となり浄瑠璃に転向。翌年宗輔の死とともに歌舞伎に復帰。
→関連項目奈河亀輔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なみきしょうぞう【並木正三】

歌舞伎作者。一説に,正三は〈しょうざ〉ともよむ。(1)初世(1730‐73∥享保15‐安永2) 大坂道頓堀の芝居茶屋和泉屋正兵衛の子。幼時より歌舞伎や操り芝居に出入りし,19歳のとき,泉屋正三の名で三番続きの狂言《鍛冶屋娘手追噂》を書いた。1750年(寛延3)浄瑠璃作者並木宗輔(千柳)の門弟となり並木正三と改め,豊竹座に入ったが,翌年宗輔が没するとまもなく歌舞伎界に復帰,以後20年間に約90編の歌舞伎脚本を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なみきしょうぞう【並木正三】

1730~1773) (初世)歌舞伎脚本作者。大坂の人。宝暦(1751~1764)から安永(1772~1781)にかけての京坂劇壇の第一人者。浄瑠璃的な手法で、雄大な構想の時代物を得意とした。また、回り舞台の考案者としても知られる。代表作「幼稚子敵討おさなごのあだうち」「三十石艠始よふねのはじまり」「宿無団七時雨傘しぐれのからかさ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の並木正三の言及

【一谷嫩軍記】より

…1751年(宝暦1)12月大坂豊竹座初演。並木宗輔,浅田一鳥,浪岡鯨児,並木正三らの合作。宗輔が三段目までを書き,没後に浅田らが完成したと伝えられる。…

【大道具】より

…そのほか,歌舞伎では仕事の範囲がきわめて広く,前述の舞台機構の操作をはじめ,天井から雪や花を降らせることや,幕引き,ツケ打ちも大道具が受け持つ。 回り舞台を考案したのは,宝暦期(1751‐64)の大坂の作者並木正三といわれるが,これを江戸へ移して完成させたのは8世長谷川勘兵衛だという。その後,舞台へ切穴をあけて人物や道具を上下させるセリの機構をはじめ,道具の一部を綱で引っ張って前後左右に出したり引っ込めたりする〈引(ひき)道具〉や,壁,風景などの張物の一部を四角に切って中央に軸を入れ,回転させて人物を瞬時に出没させる〈田楽(でんがく)返し〉,舞台装置全体を前後に半回転させて場面を転換する〈がんどう返し〉などが考案された。…

【角座】より

…元禄期から竹嶋幸十郎・村山平十郎・竹嶋幸左衛門らが座本として活躍。1758年(宝暦8)並木正三が回り舞台を創案して大当りした。1826年(文政9)江戸参府の途次シーボルトが《妹背山婦女庭訓》を見物した劇場。…

【歌舞伎】より

…セリ上げや回り舞台がくふうされ,変化に富んだ作劇や演出が可能になった。この面では,上方の名作者初世並木正三の功績が大きい。
[天明歌舞伎]
 明和(1764‐72)から安永(1772‐81),天明(1781‐89)を経て寛政(1789‐1801)に至る18世紀後半の時代は,とくに江戸における庶民文化の最高潮に達した時である。…

【桑名屋徳蔵入船物語】より

…5幕。並木正三作。1770年(明和7)12月大坂小川吉太郎座初演。…

※「並木正三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

並木正三の関連キーワード並木正三(なみきしょうぞう)中村歌右衛門(初代)桑名屋徳蔵入舩物語桑名屋徳蔵入船物語並木五瓶(初代)並木正三(2代)奈河亀輔(初代)並木正三(3代)三十石よぶねの始中山文七(2代)並木正三一代噺韓人漢文手管始一谷嫩軍記歌舞伎劇場並木荘次並木十輔回り舞台並木五瓶並木翁輔第一人者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android