コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林存 こばやし ながろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林存 こばやし-ながろう

1877-1961 大正-昭和時代の民俗学研究家。
明治10年6月6日生まれ。佐賀中学の英語教師ののち郷里新潟にもどり,明治37年新潟新聞主筆となる。昭和10年郷土研究雑誌「高志路(こしじ)」を創刊。28年新潟民俗学会を創設した。昭和36年3月10日死去。83歳。東京専門学校(現早大)卒。号は粲楼(さんろう),烏啼(うてい)。名は「ぞん」ともよむ。著作に「越後方言考」など。

小林存 こばやし-ぞん

こばやし-ながろう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林存の関連キーワード水原(新潟県)昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android