コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小次郎冠者 こじろうかじゃ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小次郎冠者 こじろうかじゃ

高句麗(こうくり)(朝鮮)の伝説上の王子。
神功(じんぐう)皇后が朝鮮を攻めたとき人質として日本につれてこられ,肥前唐津(からつ)(佐賀県)付近で窯をひらいたとつたえられる。高麗小次郎冠者とよばれた。唐津焼の祖とされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小次郎冠者の関連キーワード高句麗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android