コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐津焼 からつやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐津焼
からつやき

安土桃山時代以降,佐賀県西部の諸窯で産する陶器の総称。唐津市岸岳山麓で天正年間 (1573~92) に焼きはじめ,文禄・慶長の役 (92,97) によって朝鮮から多くの陶工が渡来したことにより発展し,肥前の諸地方で焼かれるようになった。製品は唐津の港から近畿以西の各地に積出され,そのため近畿地方以西では焼物のことを一般に「唐津物」と俗称する。陶土は砂目で鉄分を含み,釉 (うわぐすり) は灰釉を主として用いる。模様のない無地物,鉄黒で模様を描いた絵唐津,白い長石釉をかけた朝鮮唐津,へらで文様を彫り込んだ彫唐津などがある。日常雑器のほか茶碗,茶入れ水差しなど茶器が多く作られた。江戸時代中期まで各地の焼物に影響を与えた。江戸中期以降は有田磁器に押されて衰微したが,唐津市および武雄市周辺に現代まで数窯残り,民窯としてみるべき作品が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

からつ‐やき【唐津焼】

唐津市を中心に産する焼き物の総称。文禄慶長の役後、朝鮮半島からの渡来陶工によって素朴な味わいの日用雑器が焼かれたのが、本格的な生産の始まりとされる。遺品には茶器に用いたものも多い。→古唐津

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

唐津焼【からつやき】

九州北西部でつくられる陶磁器で,唐津から積み出されたのでこの名がついた。瀬戸焼と並んで日本の陶芸史上重要な焼物。文禄・慶長の役後,渡来人によって始められたといわれる。
→関連項目北大路魯山人鉄絵

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

からつやき【唐津焼】

佐賀県西部から長崎県北部一帯にひろがる西日本最大の陶窯。製品が主として唐津港に集積されたので〈唐津焼〉の名がおこった。開窯は桃山時代にはじまるとみるのが通説であるが,室町時代説もある。唐津製と見られる天正20年(1592)銘の茶壺が長崎県壱岐島の聖母(しようも)神社に所蔵されており,豊臣秀吉の文禄・慶長の役以前にすでに活動期に入っていたらしい。しかしこの役に参加した西国の諸将は競って朝鮮の陶工を招致して,一挙に窯は増加することになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

からつやき【唐津焼】

唐津市を中心として、佐賀県一帯で産する陶器。桃山時代の創始といわれ、さらに、文禄・慶長の役後渡来した朝鮮陶工の開窯かいようなどにより、元和(1615~1624)頃最盛期を迎えた。朝鮮陶器の影響が強く、素朴で力強い作品が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐津焼
からつやき

九州の佐賀県西部から長崎県にかけて広く広がる窯(かま)で焼かれた近世の代表的な焼物。その始原には諸説があるが、従来の主説をなしていた豊臣(とよとみ)秀吉の文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役を契機にして開窯したとする説は改訂されつつあり、それ以前に築かれていたことは壱岐(いき)聖母神社蔵の天正(てんしょう)20年(1592)銘四耳壺(しじこ)が証明している。しかし、開始にあたっては、文禄・慶長の役を機に朝鮮半島から陶技が伝播(でんぱ)したとする考えは旧説どおりであり、現存する最初期の窯と推定されている佐賀県唐津市北波多(きたはた)地区の飯胴甕(はんどうがめ)下窯はいわゆる割竹式の連房式登窯(のぼりがま)につくってあり、それまでの日本の窯式とは異なった、おそらく朝鮮半島からもたらされた新形式と考えられる。この形式の窯は大量生産が可能であり、一挙に窯業として大成功して隆盛し、窯は、東松浦郡、唐津市、伊万里(いまり)市、武雄(たけお)市、多久(たく)市、鹿島(かしま)市、嬉野(うれしの)市、藤津(ふじつ)郡、杵島(きしま)郡、西松浦郡から、長崎県の佐世保(させぼ)市、諫早(いさはや)市、松浦市、東彼杵(ひがしそのぎ)郡、平戸(ひらど)市と、まことに広範囲に築かれた。なお、唐津市、武雄市、多久市に残る唐津焼生産にかかわる遺跡として「肥前陶器窯跡(ひぜんとうきかまあと)」が国指定史跡となっている。釉技は藁灰(わらばい)を使った白濁釉、長石を主体とする透明釉、鉄を呈色剤に使った黒褐釉を基本にして、鉄絵、象眼(ぞうがん)、銅緑彩、白化粧などを加飾して斑(まだら)唐津、黒唐津、朝鮮唐津、奥高麗(こうらい)、三島(みしま)唐津、瀬戸唐津、銅彩唐津(二彩唐津)などを焼造した。江戸中期になると染付も行っているが、有田で磁器が始まってからは、これに押されてしだいに衰微した。[矢部良明]
『林屋晴三編『日本の陶磁5 唐津』(1974・中央公論社) ▽佐藤雅彦編『日本陶磁全集17 唐津』(1976・中央公論社) ▽中里逢庵著『唐津焼の研究』(2004・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

唐津焼[陶磁]
からつやき

九州・沖縄地方、佐賀県の地域ブランド。
伝統的工芸品に指定された成形方法により制作された佐賀県唐津市及びその周辺地産の陶器製鍋類・食器類・ようじ入れ・はし置・花瓶及び水盤・香炉・置物、茶道用陶器製茶わん・水指・建水・火入・香合・蓋置水注・茶入。唐津地方で焼かれる唐津焼は、楽焼・萩焼と並ぶ日本三大茶器の一つ。昔から茶人に愛されてきた茶陶である。陶工たちは、山から掘り出してきた土にほとんど手を加えず、手づくりにこだわり続けている。現在でも飾らないシンプルな絵付けと温かみのある手触りが人気。1988(昭和63)年6月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2008(平成20)年7月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5152697号。地域団体商標の権利者は、唐津焼協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

唐津焼の関連キーワード中里太郎右衛門(13代)中里太郎右衛門(12代)中里太郎右衛門(初代)長崎県佐世保市木原町水越与三兵衛(初代)佐賀県唐津市新興町一楽二萩三唐津肥前陶器窯跡飯胴甕古窯址中里 無庵小次郎冠者唐津[市]紀州博物館浜田義徳粉青沙器古曾部焼瀬戸唐津瀬戸物屋高取焼最盛期

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐津焼の関連情報