コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小水/少水 ショウスイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐すい〔セウ‐〕【小水/少水】

少しばかりの水。わずかな水。
(小水)小便。「お―を取る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小水/少水の言及

【尿】より

排出【佃 弘子】
【ヒトの尿】
 血漿成分を原料として腎臓でつくられ,尿路(尿管,膀胱,尿道)を通して体外に排出される液体。俗にいう小便,小水のこと。尿には体内の種々の代謝産物のうち,生体にとって不必要ないわゆる老廃物や過剰物質などが含まれる。…

※「小水/少水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小水/少水の関連キーワードよしもと遊べる水族館ギョギョギョ!パニック再生可能エネルギー特別措置法草鞋(そうあい)山遺跡ムッカハーベルマン病オオシオカラトンボエリア供給システムジューリング皮膚炎ヘルペス状皮膚炎鼠径リンパ肉芽腫キスより簡単長崎県壱岐市ぜにたむし小水・少水掌蹠膿疱症稲田の御光大水無瀬島発汗異常症小水力発電もや(靄)気象光学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android