コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小池張造 こいけ ちょうぞう

2件 の用語解説(小池張造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小池張造 こいけ-ちょうぞう

1873-1921 明治-大正時代の外交官。
明治6年2月8日生まれ。加藤高明外相秘書官などをへて,ニューヨーク,奉天などの総領事をつとめる。大正2年外務省政務局長となり,加藤外相のもとで対華二十一ヵ条要求の原案作成にあたった。のち久原本店理事。大正10年2月25日死去。49歳。福島県出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小池張造

没年:大正10.2.25(1921)
生年:明治6.2.8(1873)
明治大正期の外交官。福島県生まれ。松川藩(茨城県)士小池友謙とツネの子。明治29(1896)年帝大法科大学政治学科卒業後外交官補となって朝鮮に勤務。1年後英国在勤となり加藤高明公使に能力をかわれ,33年,加藤が第4次伊藤博文内閣の外相に就任すると,秘書官兼書記官として本省に戻された。34年清国,35年英国の公使館書記官。39年ニューヨーク,40年サンフランシスコ,41年奉天の各総領事。45年英国大使館参事官。第1次山本権兵衛内閣下で大正2(1913)年10月外務省政務局長。前任者の阿部守太郎は中国政策に不満の対外強硬論者に暗殺され,緊迫した状況だった。続く第2次大隈重信内閣の外相は再び加藤となり,そのもとで対華21カ条要求(1915),中国第3革命(1916)をめぐり精力的に活動する。外務官僚としては異例の志士的心情を持つため何かと物議を醸した。寺内正毅内閣下で英国大使館参事官に任命されるが辞職し,久原本店理事となって実業界に入る。<参考文献>黒竜会編『東亜先覚志士記伝』,栗原健『対満蒙政策史の一面』

(斎藤聖二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小池張造の関連キーワード伊集院彦吉大山綱介倉知鉄吉斎藤良衛日置益広田守信松平頼之松村貞雄陸奥広吉柳沢健

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone