小沢市平(読み)おざわ いっぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢市平 おざわ-いっぺい

1866-1950 昭和時代の村長。
慶応2年1月14日生まれ。昭和3年から通算約16年間にわたり生地東京都西多摩郡小河内(おごうち)村の村長をつとめ,11年着工の小河内ダム建設によって水没する民家の補償問題解決につくした。その姿は石川達三の小説「日蔭の村」にえがかれている。昭和25年3月28日死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android