コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川達三 いしかわ たつぞう

百科事典マイペディアの解説

石川達三【いしかわたつぞう】

小説家。秋田県生れ。早大英文科中退。1935年,ブラジル渡航の経験を書いた《蒼氓(そうぼう)》で第1回芥川賞を受け,社会派作家として出発。《生きてゐる兵隊》《望みなきに非ず》《風にそよぐ葦》《人間の壁》《金環蝕》など多くの作品があり,時代感覚の鋭い,すぐれた風俗小説の書き手として活躍した。
→関連項目神代辰巳山本薩夫早稲田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川達三 いしかわ-たつぞう

1905-1985 昭和時代の小説家。
明治38年7月2日生まれ。ブラジル移民を体験し,昭和10年「蒼氓(そうぼう)」で第1回芥川賞。13年の「生きてゐる兵隊」は発禁処分となる。戦後は「風にそよぐ葦(あし)」「人間の壁」など,時代感覚のするどい作家として活躍。日本ペンクラブ会長。昭和60年1月31日死去。79歳。秋田県出身。早大中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしかわたつぞう【石川達三】

1905~1985) 小説家。秋田県生まれ。早大中退。「蒼氓そうぼう」で第一回芥川賞受賞。時代感覚に富み、社会批評的作品を多く発表。小説「生きてゐる兵隊」「風にそよぐ葦」「人間の壁」「四十八歳の抵抗」「充たされた生活」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石川達三
いしかわたつぞう

[生]1905.7.2. 秋田,横手
[没]1985.1.31. 東京
小説家。早稲田大学英文科在学中『大阪朝日新聞』の懸賞小説に当選。12人兄弟の三男で学資が続かず退学。1926年国民時論社に入社し,作品を各社に持ち込んだが採用されず,1930年同社の退職金でブラジルへ渡航,半年後帰国復職して同年『国民時論』に『最近南米往来記』を連載。これを資料とし,貧しい娘が一家のため移民生活に入っていく過程をロンドン軍縮会議や国内での疑獄事件などの時代背景のなかに描いた『蒼氓(そうぼう)』(1935)で第1回芥川賞を受賞。1938年『生きてゐる兵隊』で発売禁止処分を受ける一方,ベストセラー『結婚の生態』(1938)を書いた。第2次世界大戦後は『望みなきに非ず』(1947),『風にそよぐ葦』(1949~51)など,重厚な問題意識に基づく社会性の濃い小説を相次いで発表し,特に教育と教員の組合運動の問題をテーマにした『人間の壁』(1957~59)は幅広い読者を集めた。ほかに『日蔭の村』(1937),『三代の矜持』(1938),『四十八歳の抵抗』(1955~56),『金環蝕』(1966)など。日本芸術院会員。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石川達三
いしかわたつぞう
(1905―1985)

小説家。明治38年7月2日、秋田県平鹿(ひらか)郡横手町(現横手市)に生まれる。父祐助(ゆうすけ)・母うんの三男。父は中学校教師、母は1914年(大正3)に死去。岡山県立高梁(たかはし)中学、岡山市の関西中学を経て、早稲田(わせだ)第二高等学院に進んだが、学費続かず英文科1年で退学(1928)。電気業界誌『国民時論』に入り自活しつつ小説を書いた。30年(昭和5)に移民団に投じブラジルへ渡り、半年後結婚を理由に帰国。その経験をもとにして『蒼氓(そうぼう)』(1935)を執筆し、それが第1回芥川(あくたがわ)賞(1935)を受けた。翌年梶原(かじわら)代志子と結婚。38年に『生きてゐる兵隊』を発表して発売禁止。その前年発表の『日蔭(ひかげ)の村』は、ダムで水没する小河内(おごうち)村の農民生活を扱った。その他初期代表作として『心猿』(1935~36)、『武漢作戦』(1939)などもあるが、41年以後はきわめて作品数が減少し、旺盛(おうせい)な作家活動は第二次世界大戦後に際だって展開される。作品のタイプに2種あり、一つは社会正義感を根底としてルポルタージュ風な技法を駆使した『風にそよぐ葦(あし)』(1949~51)、『人間の壁』(1957~59)、『傷だらけの山河』(1962~63)、『金環蝕(きんかんしょく)』(1966)など。他は「生態もの」とでも称すべき『結婚の生態』(1938)、『望みなきに非(あら)ず』(1947)、『泥にまみれて』(1948)、『僕たちの失敗』(1961)など。文芸家協会、著作権保護同盟、ペンクラブなどの中心人物としても活躍。昭和60年1月31日没。[久保田正文]
『『石川達三作品集』全25巻(1972~74・新潮社) ▽浜野健三郎著『評伝・石川達三の世界』(1976・文芸春秋) ▽久保田正文著『新・石川達三論』(1979・永田書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石川達三の言及

【風にそよぐ葦】より

…石川達三(1905‐85)の長編小説。1949‐51年《毎日新聞》に連載,50,51年,新潮社刊。…

※「石川達三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石川達三の関連キーワードT.P. グリゴリエヴァB. ラヴレンチェフI.L. ヨッフェ自分の穴の中で傷だらけの山河浜野 健三郎川上 喜久子青春の蹉跌小河内ダム悪の愉しさ小沢 市平田代 素魁野間 仁根荒木 精之小磯 良平女性対男性黒沼 百恵暉峻 康隆田代素魁石川伍一

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川達三の関連情報