コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小玉貝 コタマガイ

デジタル大辞泉の解説

こたま‐がい〔‐がひ〕【小玉貝】

マルスダレガイ科の二枚貝外洋に面した浅海の砂底にすむ。貝殻はハマグリ形で、殻長約7センチ。殻表に放射帯やジグザグ模様がある。食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こたまがい【小玉貝】

海産の二枚貝。殻は厚く、殻長8センチメートル、殻高6センチメートルほどの丸みを帯びた三角形。白・青・褐色などの地に黒青色の放射状や細かい模様がある。食用。北海道南部以南の浅海の砂底にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小玉貝 (コタマガイ)

学名:Gomphina melanaegis
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

小玉貝の関連キーワード土井ヶ浜遺跡三角形放射状海産褐色