コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田島雄志 おだしま ゆうし

1件 の用語解説(小田島雄志の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田島雄志 おだしま-ゆうし

1930- 昭和後期-平成時代の英文学者,演劇評論家。
昭和5年12月18日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。津田塾大講師などをへて,昭和63年東大教授。のち文京学院大教授,東京芸術劇場館長。昭和41年文学座に参加。48年よりシェークスピア全戯曲の翻訳にとりかかり,55年訳了。同年芸術選奨。平成14年文化功労者。23年読売演劇大賞芸術栄誉賞。東大卒。著作はほかに「現代演劇論」「ジョンオズボーン」「珈琲店のシェークスピア」「駄ジャレの流儀」「道化の鼻」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小田島雄志の言及

【シェークスピア】より

…シェークスピアの巨大な劇的世界が,たとえば不条理劇をもくるみこむ強靱なドラマトゥルギーとともににわかに注目を集め,明治期を上回る第二のブームが現出した。逍遥以来のシェークスピア戯曲の完訳である小田島雄志訳(1973‐80)は,シェークスピアを〈われらの同時代人〉としてとらえこもうとする風潮の中で生まれた。言葉遊びへの執着も,意味の古典的な絶対性に対する不信という今日的な認識に連なるものである。…

※「小田島雄志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小田島雄志の関連キーワード小池滋河野一郎(2)高山宏辻隆鼓直西村孝次野島秀勝別宮貞徳柳瀬尚紀矢本貞幹

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小田島雄志の関連情報