コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田幾五郎 おだ いくごろう

2件 の用語解説(小田幾五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田幾五郎 おだ-いくごろう

1755-1832 江戸時代中期-後期の通詞。
宝暦5年生まれ。12歳のころ朝鮮にわたり釜山の草梁和(倭)館で朝鮮語を習得し,対馬(つしま)(長崎県)府中藩通詞となる。長崎勤番御雇通詞,本通詞をへて寛政7年大通詞となった。晩年まで朝鮮研究につとめた。天保(てんぽう)3年死去。78歳。幼名は五郎八。著作に「象胥(しょうしょ)紀聞」「草梁話集」「朝鮮詞書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小田幾五郎

没年:天保3(1832)
生年:宝暦5(1755)
江戸時代の対馬藩の朝鮮語通詞。幼名を五郎八。貿易特権商人「六十人」の一族,小田藤八郎の家に生まれたため,幼少より朝鮮語に接する環境にあった。対馬の朝鮮語稽古所でさらに語学研修に励み,通詞職を歴任。最上位の大通詞を27年間勤めながら,指南役として後進の教育にも当たる。朝鮮訳官との親交も深く,知見した諸事を『象胥紀聞』『草梁話集』『通訳酬酢』『北京路程記』などにまとめ,独自の朝鮮学を極める。晩年に詠んだ「通弁は秋の湊の渡し守り往き来の人のこゝろ漕ぎ知れ」の和歌は,生涯を通詞一筋に捧げ,真の通詞を追い求めた幾五郎の人柄を偲ばせる

(田代和生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田幾五郎の関連キーワード対馬守言茂オランダ通詞諺文大通事小通事江戸時代の朝鮮通信使犬塚小十郎大島友之允西吉太夫平山意春

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone