コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小督の曲 こごうのきょく

世界大百科事典 第2版の解説

こごうのきょく【小督の曲】

山田流箏曲名。山田検校作曲。1809年(文化6)版《吾嬬箏譜(あづまことうた)》に歌詞初出。流祖作歌奥四曲(よつもの)の一つ。作詞は横田袋翁ともいわれる。《平家物語》巻六の小督の局を題材とし,嵯峨野の秋の風情を描写しつつ,源仲国が《想夫恋(そうふれん)》の箏の音をたよりに小督の局を尋ねあてるところに焦点をおいている。長唄《喜三(きみ)の庭》は,この曲をふまえて作曲された。【久保田 敏子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小督の曲の関連キーワード嵯峨の秋

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android