コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小督の曲 こごうのきょく

1件 の用語解説(小督の曲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こごうのきょく【小督の曲】

山田流箏曲名。山田検校作曲。1809年(文化6)版《吾嬬箏譜(あづまことうた)》に歌詞初出。流祖作歌奥四曲(よつもの)の一つ。作詞は横田袋翁ともいわれる。《平家物語》巻六の小督の局を題材とし,嵯峨野の秋の風情を描写しつつ,源仲国が《想夫恋(そうふれん)》の箏の音をたよりに小督の局を尋ねあてるところに焦点をおいている。長唄《喜三(きみ)の庭》は,この曲をふまえて作曲された。【久保田 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小督の曲の関連キーワード那須野山田流岡康砧松黒検校千代田検校山木検校(初代)山木検校(2代)山勢検校(初代)山田松黒山登検校(初代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone