コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田検校 やまだけんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田検校
やまだけんぎょう

[生]宝暦7(1757).4.28. 江戸
[没]文化14(1817).4.10. 江戸
江戸時代中期の音楽家で山田流箏曲の始祖。都名 (いちな) は斗養一 (とよいち) 。号は勝善,幽樵など。尾張藩宝生流能楽師といわれる三田了任の子。幼時に失明。第 28代惣録長谷富検校門下の山田松黒に師事。寛政9 (1797) 年1月,寺家村検校を師として検校に登官。寛政~享和年間 (89~1804) にその作風は円熟し,その一門はそれまでの江戸の生田流を圧倒する勢力となった。文化 14 (17) 年2月第 68代惣録に就任。その2ヵ月後に没した。河東節をはじめ,その頃江戸で行われていた各種の三味線音楽に通じ,彼の作品は,三味線音楽を箏曲化した新しい種目の音楽といえる。門下からは山登派山木派山勢派中能島 (なかのしま) 派などの各派が生れた。主作品『初音曲』『葵の上』『長恨歌』『小督曲 (こごうのきょく) 』『熊野 (ゆや) 』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまだ‐けんぎょう〔‐ケンゲウ〕【山田検校】

[1757~1817]江戸後期の箏曲(そうきょく)演奏家・作曲家。江戸の人。名は斗養一(とよいち)。幼時に失明して箏曲を学び、声楽本位の山田流箏曲を創始。語り物の要素の強い、江戸趣味に合った新曲を創作。作「小督(こごう)」「熊野(ゆや)」「葵の上」「長恨歌」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山田検校【やまだけんぎょう】

箏曲家。山田流箏曲の創始者。名は斗養一(とよいち)。勝膳・幽樵とも号す。本姓三田。幼時に失明。宝暦末に江戸に下った長谷富検校〔?-1793〕門下の町医者山田松黒(やまだしょうこく)から箏曲を学ぶ。
→関連項目箏曲山勢松韻山登検校

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田検校 やまだけんぎょう

1757-1817 江戸時代後期の箏曲(そうきょく)家。
宝暦7年4月28日生まれ。山田流の祖。山田松黒にまなび,寛政9年検校,文化14年江戸惣録(そうろく)検校。江戸浄瑠璃(じょうるり)をとりいれた作品は,式亭三馬の「浮世風呂」に登場するほどはやった。文化14年4月10日死去。61歳。江戸出身。本姓は三田。名は斗養一(とよいち)。作品に「熊野(ゆや)」「初音の曲」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田検校

没年:文化14.4.10(1817.5.25)
生年:宝暦7.4.28(1757.6.14)
江戸中・後期の箏曲家,山田流箏曲の流祖。名は斗養一。尾張藩(愛知県)宝生流能楽師の三田了任の子で,山田は母方の姓。医師で箏奏者の山田松黒に師事し,当時流行の河東節,一中節などの浄瑠璃の叙事的な要素を導入して,語り物的な箏曲の分野を確立。寛政9(1797)年寺家村脇一を師として検校になる。没年には当道最高位の惣録検校に昇進した。21歳で「江の島の曲」を作曲したと伝えられ,18世紀末から19世紀初頭にかけてその作風が円熟し,時流に乗った作品は瞬く間に広がっていったと考えられる。楽譜や歌詞が寄せ本『山田の穂並』(1800)や『吾嬬箏譜』(1809)に収められている。歌詞は謡曲,歌舞伎,『平家物語』に題材を得たものや叙景物が多い。代表作品は四曲とよばれる「小督の曲」「熊野」「長恨歌の曲」「葵上」はじめ,「紀の路の奥四季の段」「住吉」「八重垣」「那須野」「千里の梅の曲」「桜狩」,山田流箏曲のなかの唯一の箏組歌「初音の曲」などがある。山東京山蜘蛛の糸巻』や松浦静山甲子夜話』などに逸話があるほか,式亭三馬『浮世風呂』にも山坐の名前で登場。門下には初代山登検校,木村検校(のち初代山木),山勢検校などのほか,3代目山彦新次郎(初代菅野序遊)など浄瑠璃界の者までいる。加藤千蔭,村田春海,横田袋翁,太田錦城など文人との交流も広く,浅草山谷の源照寺(現在は葛飾区高砂町に転出)には山田の木像と錦城筆の墓碑がある。<参考文献>岸辺成雄他「山田検校の生涯と事跡」(『東洋音楽研究』26・27号),久保田敏子『点描日本音楽の世界』

(久保田敏子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまだけんぎょう【山田検校】

1757‐1817(宝暦7‐文化14)
盲人音楽家。箏曲山田流の祖。都名(いちな)は斗養一。勝善,幽樵,游松などと号する。尾張藩宝生流能楽師ともいわれる三田了任の子。母方の姓が山田。幼時に失明,当道(とうどう)座に入り,1797年(寛政9)には源照派の寺家村脇一検校を師として検校に登官。これより前15歳ぐらいで,長谷富検校門下で《箏曲大意抄》の著者の医師山田松黒に師事して箏組歌を習得したといわれる。確証はないが,17歳ごろから河東節,一中節などの当時江戸で流行していた浄瑠璃系の三味線音楽の箏曲化を試み,21歳で処女作《江の島の曲》(《江の島》)を作曲したといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまだけんぎょう【山田検校】

1757~1817) 山田流箏曲の流祖。江戸の人。前名、三田斗養一とよいち。医師山田松黒しようこくに師事して生田流を学んだが、河東節など江戸浄瑠璃の曲風を摂取して、語り物的傾向の強い新流をひらいた。代表作「熊野ゆや」「小督こごう」「葵の上」「長恨歌」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田検校
やまだけんぎょう
(1757―1817)

江戸後期の箏曲(そうきょく)演奏家、作曲家。山田流箏曲の始祖。本姓は三田、都名(いちな)は斗養一(とよいち)。号は勝善または幽樵。尾張(おわり)藩宝生(ほうしょう)流能楽師といわれる三田了任の子として江戸に生まれる。幼時に失明し、15歳で長谷富(はせとみ)検校門下の山田松黒(しょうこく)に学んだとされる。河東(かとう)節などの江戸浄瑠璃(じょうるり)の特色を取り入れた新しい歌曲、三味線は付随的、箏を主奏楽器とする新様式の箏曲を創始する。1797年(寛政9)検校登官。寛政(かんせい)・享和(きょうわ)(1789~1804)ごろ作風は円熟し、江戸においてはそれまでの生田(いくた)流箏曲を圧倒し、一大勢力をなした。1817年(文化14)第68代江戸惣録(そうろく)検校となるが、同年4月10日江戸で没し、浅草山谷(さんや)・源照寺に葬られる。門下から、山登(やまと)、山木(やまき)、山勢(やませ)、小名木(おなぎ)の山田流各派が生まれたといわれる。作品は、箏組歌(ことくみうた)『初音曲(はつねのきょく)』、「四つ物」といわれ山田流箏曲の重要曲である奥歌曲『小督曲(こごうのきょく)』『長恨歌曲(ちょうごんかのきょく)』『葵の上(あおいのうえ)』『熊野(ゆや)』、中歌(なかうた)曲『那須野(なすの)』『住吉』『桜狩』『江の島曲』など多数に上る。[平山けい子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山田検校の言及

【江の島】より

…(2)山田流箏曲の曲名。山田検校作曲。中七曲の一つ。…

【小督の曲】より

…山田流箏曲名。山田検校作曲。1809年(文化6)版《吾嬬箏譜(あづまことうた)》に歌詞初出。…

【箏曲】より

…流行歌謡の〈弄斎(ろうさい)節〉を箏曲化した〈弄斎物〉の楽曲とともに,すべて組歌の〈付物(つけもの)〉として扱われる。 寛政(1789‐1801)ころに,江戸の山田検校は,当時の江戸で盛行していた三味線音楽の河東節や一中節などの歌浄瑠璃に対して,これを箏曲化したといえる新歌曲を創始,〈吾妻箏歌(あづまことうた)〉と称したが,後世〈山田流箏曲〉と称するようになった。江戸では,三橋系の生田流の伝承のみ行われていたので,あたかも生田流に対立する新流を起こしたかの感があるが,山田流は,それまでの主として組歌の伝承組織上の相違に基づく流儀別とはまったく異質で,むしろ新種目といえるものである。…

【長恨歌曲】より

…箏曲の曲名。山田検校作曲。山田流奥歌曲。…

【那須野】より

…能《殺生石(せつしようせき)》などで有名な玉藻前(たまものまえ)伝説に拠る。1807年(文化4)江戸市村座上演の尾上松助の《三国妖狐伝》(初演は寛政末か)に呼応して,山田検校が作曲した山田流箏曲が最も有名。〈中七曲〉の一つ。…

【蓬萊】より

…(4)山田流箏曲。山田検校作曲。浦島と乙姫をうたった作品。…

【山田流】より

…箏曲の流儀名。18世紀末,江戸において山田検校が,江戸浄瑠璃風の箏曲を創始,その門流を後年山田流と称した。山田検校以降,山登派山木派山勢派,小名木派(中能島派)などの派も生じ,それぞれ家元となった。…

【熊野】より

… 文ノ段,車の道行き,舞,村雨の場面から短冊の段,帰国の喜びと見せ場が多い華麗な能で,主人公の哀れさもよく描けているので,昔も今も人気が高い。【横道 万里雄】(2)山田流箏曲 山田検校作曲。奥の四つ物の一。…

※「山田検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山田検校の関連キーワードプラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い鳥人幸吉カノーバ冠辞考久留島義太シャルルスカルラッティ高野蘭亭

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山田検校の関連情報