小笠原三九郎(読み)おがさわら さんくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原三九郎 おがさわら-さんくろう

1885-1967 昭和時代の政治家。
明治18年4月5日生まれ。台湾銀行の支店支配人などをへて,昭和7年衆議院議員(当選6回,自民党)。幣原(しではら)内閣の商工相,第4・第5次吉田内閣の農相,通産相,蔵相を歴任。日本貿易振興会会長,太平洋海運社長などをつとめた。昭和42年12月13日死去。82歳。愛知県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android