コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原忠幹 おがさわら ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原忠幹 おがさわら-ただよし

1827-1865 江戸時代後期の大名。
文政10年9月14日生まれ。小笠原長武の次男。天保(てんぽう)10年播磨(はりま)(兵庫県)安志藩主小笠原家6代となる。万延元年宗家豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原忠嘉(ただひろ)の死去のため9代藩主となり,名を貞幹(さだもと)(棟幹(むねもと))から忠幹と改名。公武合体派に属した。死去未公表のうちに香春(かわら)藩が成立。形式上香春藩14万石の初代藩主。慶応元年9月6日死去。39歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原忠幹の関連キーワード小笠原忠忱小笠原貞孚小笠原棟幹小笠原貞幹安広一郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android