小笠原騒動物(読み)おがさわらそうどうもの

世界大百科事典 第2版の解説

おがさわらそうどうもの【小笠原騒動物】

歌舞伎,人形浄瑠璃講談の作品の一系統。豊前小倉藩の小笠原家の御家騒動を脚色したもの。歌舞伎では奈河晴助作《濃紅葉小倉色紙(こいもみじおぐらしきし)》が1816年(文化13)に大坂浅尾徳三郎座(中の芝居)で上演されたのが最初。2世嵐吉三郎の大当りが著名。小笠原家乗っとりの陰謀をめぐらす犬上兵庫一味と白狐の加護を得た忠臣笹原隼人らの活躍を描いているが,白狐がはたらくケレン芝居として知られている。81年10月に勝能進・諺蔵父子が講談から取材して《小笠原流礼忠孝(おがさわらしよれいのおくのて)》を作って大阪戎座で上演した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android