コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小繭蜂 コマユバチ

デジタル大辞泉の解説

こまゆ‐ばち【小繭蜂】

膜翅(まくし)目コマユバチ科のハチの総称。小形のものが多く、触角や産卵管が長い。幼虫は他の昆虫に内部寄生し、多くはさなぎになるときにはい出して小さい繭を作る。アオムシコマユバチ・ウマノオバチなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こまゆばち【小繭蜂】

コマユバチ科のハチの総称。体長1~25ミリメートル。他の昆虫の体内に産卵し、幼虫は寄主の体を食べて育つ。蛹化する際、寄主から離れて小さい繭を作る種がある。農林害虫の天敵として有益なものが多い。アオムシコマユバチ・ウマノオバチなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小繭蜂 (コマユバチ)

動物。コマユバチ科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

小繭蜂の関連キーワード動物寄主

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android