コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小繭蜂 コマユバチ

デジタル大辞泉の解説

こまゆ‐ばち【小繭蜂】

膜翅(まくし)目コマユバチ科のハチの総称。小形のものが多く、触角や産卵管が長い。幼虫は他の昆虫に内部寄生し、多くはさなぎになるときにはい出して小さい繭を作る。アオムシコマユバチ・ウマノオバチなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こまゆばち【小繭蜂】

コマユバチ科のハチの総称。体長1~25ミリメートル。他の昆虫の体内に産卵し、幼虫は寄主の体を食べて育つ。蛹化する際、寄主から離れて小さい繭を作る種がある。農林害虫の天敵として有益なものが多い。アオムシコマユバチ・ウマノオバチなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone