コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小脳テント切痕ヘルニア しょうのうテントせっこんヘルニアtranstentorial herniation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小脳テント切痕ヘルニア
しょうのうテントせっこんヘルニア
transtentorial herniation

小脳と大脳後頭葉との間に突出した脳硬膜を小脳テントといい,この小脳テントの内縁中央部にあるV字状の深い切れ込みを小脳テント切痕という。小脳テント切痕ヘルニアは,小脳テントの上腔または下腔の内圧が高まり,脳の一部がテント切痕部に陥入した状態をいう。上行性と下行性があり,後者が多い。下行性ヘルニアでは,脳腫瘍,血腫などでテント上腔の内圧が高くなり,テント切痕部に側頭葉の一部が陥入して脳幹部を圧迫する。意識障害,病変側の動眼神経麻痺,反対側の片麻痺などの症状が現れる。きわめて重篤な状態であり,早期に緊急手術を行わないと致命的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

小脳テント切痕ヘルニアの関連キーワード頭蓋内圧亢進脳浮腫

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android