コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小腸大腸炎 しょうちょうだいちょうえんenterocolitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小腸大腸炎
しょうちょうだいちょうえん
enterocolitis

腸の炎症性疾患は部位によってかなり臨床像が異なるが,小腸炎と大腸炎を完全に分離できることは少いので,この名称が用いられる。急性症と慢性症とに分けられる。原因は細菌感染,食中毒,寒冷や暑熱などである。急性小腸大腸炎の多くは胃で始り,急激な倦怠感,食欲不振,吐き気,嘔吐,腹痛,下痢などの症状が出る。慢性小腸大腸炎はいわゆる慢性下痢で,消化器疾患のなかで最も多いものである。治療には安静,食餌療法のほか,抗生物質防腐剤吸着剤止痢剤などを適宜与える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android