コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防腐剤 ボウフザイ

百科事典マイペディアの解説

防腐剤【ぼうふざい】

微生物の生育・活動を阻害し,物の腐敗を防ぐために用いる薬剤。食品防腐剤のほか,医薬品・化粧品防腐剤,木材・紙・繊維・塗料皮革ゴム製品などに用いる工業用防腐剤などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

防腐剤

 保存料に近い意味だが,保存料には酸素を除去する機能をもつものなどもある.微生物による食品の変敗を防ぐ薬剤.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうふざい【防腐剤 antiseptics】

微生物の生育活動によって生じる腐敗,変質などから商品を守るために用いられる薬剤の総称。広義には,それ自身に殺菌作用のあるなしにかかわらず,結果として上記の効果を生じるものを防腐剤といい,微生物を死滅させるのを目的とする薬剤である殺菌剤を含む概念である。しかし殺菌剤は細胞毒であることから当然人体に対しても有害なはずであるので,微生物の増殖および生理活性を抑制させることを目的とする薬剤に限定して防腐剤と呼び,殺菌剤とはいちおう区別するのが狭義の用法である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうふざい【防腐剤】

食品・薬品・繊維・木材などに添加または塗布し、微生物の活動・増殖を抑え腐敗を防ぐ薬剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防腐剤
ぼうふざい

防腐」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防腐剤
ぼうふざい

微生物の増殖によっておこる物質の腐敗を防ぐことを防腐といい、その目的で使用される薬物を防腐剤という。微生物、とくに腐敗菌の発育を抑制するか、または殺菌する作用をもつもので、殺菌消毒剤のうち、作用の弱いものが含まれ、食品や医薬品に用いる防腐剤は保存剤ともいわれる。食品には、とくに毒性の少ないことが求められ、使用できる防腐剤の種類と濃度が制限されている。医薬品では液剤、シロップ剤、軟膏(なんこう)剤、分割使用の注射剤などに配合されるほか、コーティング剤などにも入れられる。また、尿路感染症の治療に用いられる化学療法剤を尿路防腐剤とよんでいる。そのほか、木材などの保存にも防腐剤が用いられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

防腐剤の関連キーワード無添加 ベビーの肌着洗いせっけんニトロフリルアクリル酸アミドカウブランド無添加シリーズ無添加リンスインシャンプーMAMA CHAPO入浴料ヘキサメチレンテトラミンイソプロピルフェノールイソプロピルアルコール過酸化カルシウムペリカンムテンカささみのおととアクリフラビンクレオソート油パラベンフリーグアヤコールヨードホルムレゾルシンサリチル酸木材保存剤クレゾール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防腐剤の関連情報