コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小膠細胞

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小膠細胞
しょうこうさいぼう
microglia

神経膠の一種。ミクログリア、小神経膠ともいう。通常は脳や脊髄(せきずい)といった中枢神経系の組織内に、突起を伸ばした不活性な状態(ラミファイドミクログリア)で存在する。神経細胞が傷害や炎症などによって損傷を受けると、突起を縮めて肥大した活性化ミクログリアとなり、損傷修復のための免疫担当細胞として機能する。死んだ細胞を貪食(どんしょく)するマクロファージ様の作用をもち、組織の修復促進を図るように働く。また、活性化ミクログリアはアルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症といった神経変性疾患の病変部に集積する。これにより、慢性的な神経炎症が神経変性の進行にかかわっていることが明らかになりつつある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小膠細胞の関連キーワード神経

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android