コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅知淵 こすげ ともひろ

1件 の用語解説(小菅知淵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小菅知淵 こすげ-ともひろ

1832-1888 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)3年生まれ。幕府の講武所でフランス式の軍事教育をうけ,慶応4年日本ではじめて工兵隊を編制。戊辰(ぼしん)戦争では会津,箱館などで新政府軍とたたかった。維新後は陸軍省にはいって工兵大佐となり,陸地測量部長をつとめた。明治21年12月18日死去。57歳。本姓は関。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小菅知淵の言及

【地図】より

…一方,地理局は,その後観象編暦事務,地誌編纂および地図調製を文部省に移管し,気象業務を中央気象台として独立させて,91年8月には廃止となった。 陸地測量部における全国の基本図作成事業は,初代部長小菅知淵の指導の下で,当初全国を2万分の1地形図で,また要塞地域や都市地域を5000分の1ないし1万分の1地形図で覆う方針で開始されたが,経費や所要年月の関係から,1890年,基本図の縮尺を5万分の1と改め,95年ころから本格的に事業を進め,1924年に全国約37万7000km2の測量を完了している。この間2万5000分の1地形図(1910年ころ開始),1万分の1地形図(1892年ころ開始)などの測量も,一部主要地域について作成されたが,あまり進展することなく,陸地測量部の事業は外地の5万分の1測量などに重点が置かれた。…

※「小菅知淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小菅知淵の関連キーワード麻見義修鈴木大滝川俊蔵谷千生常井邦衛鍋島茂昌鍋島直暠林左門柳園満糸藁谷英孝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone