コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小蔓/小釣 コヅル

デジタル大辞泉の解説

こ‐づる【小×蔓/小釣】

小さな蔓草模様を織り出した金襴(きんらん)。初めは中国から輸入したが、のちには京都の西陣で織るようになった。
「時代わたりの柿地の―」〈浮・永代蔵・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こづる【小蔓】

金襴きんらんの模様の一。蔓草模様の小さなもの。 「これ-といふ唐織世に稀といふ/浮世草子・織留 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小蔓/小釣の関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android