小藩(読み)ショウハン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐はん〔セウ‐〕【小藩】

領地の石高の少ない藩。
慶応4年(1868)禄高で諸藩を3区分したうちの、1万石以上9万石未満の藩。明治3年(1870)に改めて5万石未満とした。→大藩中藩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐はん セウ‥【小藩】

〘名〙 領地の石高の少ない藩。明治元年(一八六八)に祿高で諸藩を三等に区別したときは、一万石以上一〇万石未満のものを呼び、同三年に改めて、五万石未満の藩とした。
※入江杉蔵宛吉田松陰書簡‐安政六年(1859)一月二三日「小藩にて家中殊に少なく、旅役等も毎々いたす故」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小藩の関連情報