コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小賀玉の木 オガタマノキ

大辞林 第三版の解説

おがたまのき【小賀玉の木】

モクレン科の常緑高木。暖地に自生。葉は長楕円形で厚く、光沢がある。春、芳香のある黄白色の花を葉腋ようえきに一個つける。種子は紅色。葉は香料に、材は床柱や器具に利用。古来、榊さかきの代用とした。古今伝授の三木さんぼくの一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android