コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野川宇源次 おのがわ うげんじ

2件 の用語解説(小野川宇源次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野川宇源次 おのがわ-うげんじ

1665-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
寛文5年生まれ。元禄(げんろく)4年大坂で初舞台。7年京都早雲座で若衆役を演じ好評をえた。宝永4年に立役(たちやく)となり,享保(きょうほう)8年敵役に転じた。京都出身。通称は山田藤四郎。前名は小川宇源次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野川宇源次

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:寛文5(1665)
江戸前期の若衆形,立役の歌舞伎役者。替名は山田藤四郎。顔に疱瘡の跡があったが口跡がよく,若衆形でありながら実事的な演技で当世風ともてはやされた。元禄8(1695)年,京都の早雲座の「今源氏六十帖」での長口上の台詞は「若衆形の開山」として,のちの評判記にも記載されている。宝永5(1708)年から立役となったが,評判記ではその芸の硬さがしばしば指摘され,人気が衰えていった。評判記から消息を絶つのは享保13(1728)年だが,それまで若衆形のときの人気に触れることが多いのは,その本領が若衆形にあったからであろう。宇源次染めを流行らせたという。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1期

(北川博子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野川宇源次の関連キーワード歌舞伎子歌舞伎役者伊藤小太夫(初代)猿若山左衛門(2代)四野宮平八(初代)段助松本名左衛門(2代)光山七三郎峰の小ざらし山本勘太郎(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone