小金井 良一(読み)コガネイ リョウイチ

20世紀日本人名事典の解説

小金井 良一
コガネイ リョウイチ

大正・昭和期の内科学者 国士舘大学教授;海軍軍医少将。



生年
明治23(1890)年8月6日

没年
昭和45(1970)年12月9日

出身地
東京

学歴〔年〕
東京帝大卒

経歴
人類学者・小金井良精と翻訳家・小説家の小金井喜美子の長男で、森鷗外の甥にあたる。目黒海軍共済病院院長、昭和15年昭和医専(現・昭和大学)教授を歴任。戦後は国士舘大学教授を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android