コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井喜美子 コガネイキミコ

4件 の用語解説(小金井喜美子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こがねい‐きみこ〔こがねゐ‐〕【小金井喜美子】

[1870~1956]翻訳家・小説家。島根の生まれ。本名、キミ。森鴎外の妹で、小金井良精(こがねいよしきよ)の妻。レールモントフの「浴泉記」の翻訳で知られる。著「森鴎外の系族」「鴎外の思ひ出」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小金井喜美子【こがねいきみこ】

翻訳家,小説家,随筆家,歌人。津和野生れ。本名きみ。長兄は森鴎外。1881年東京女子師範付属女学校卒業後,東大人類学教授小金井良精(よしきよ)と結婚。翌年鴎外らとともに訳詩集《於母影》を発表。
→関連項目星新一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井喜美子 こがねい-きみこ

1871-1956 明治-昭和時代の翻訳家,小説家。
明治4年1月29日生まれ。森鴎外(おうがい)の妹。小金井良精(よしきよ)の妻。訳詩集「於母影(おもかげ)」所収の詩「ミニヨン」や,レールモントフの小説「浴泉記」の翻訳で知られる。雑誌「スバル」「青鞜(せいとう)」に小説も発表した。昭和31年1月26日死去。84歳。石見(いわみ)(島根県)出身。高等師範女子部付属女学校卒。本名はキミ。回想記に「鴎外の思ひ出」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小金井喜美子
こがねいきみこ
(1870―1956)

翻訳家、小説家、歌人。本名キミ。石見(いわみ)国(島根県)生まれ。森鴎外(おうがい)の妹。東京女子師範附属女学校卒業。東大教授・人類学者の小金井良精(よしきよ)と結婚。初め鴎外らとの訳詩集『於母影(おもかげ)』(1889)に訳詩を発表、さらに『しがらみ草紙』にレールモントフの小説の訳『浴泉記(よくせんき)』(1892~94)などを掲載、女流文学者として知られる。のち『スバル』『青鞜(せいとう)』に小説を発表。また後年『森鴎外の系族』(1943)や『鴎外の思ひ出』(1956)を刊行、鴎外を知るための有力な資料を提供した。[大屋幸世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小金井喜美子の言及

【於母影】より

…訳詩集。1889年(明治22)8月2日《国民之友》第58号の綴込み夏季付録として発表された。訳者は〈S.S.S.〉(新声社の略),メンバーは森鷗外,小金井良精夫人で鷗外の妹喜美子,落合直文,市村瓚次郎(さんじろう),井上通泰。鷗外の翻訳作品集《水沫集(みなわしゆう)》(1892)に再録するときに2編を加えて全19編となった。ドイツのゲーテ,ハイネ,レーナウ,イギリスのシェークスピア,バイロンらの訳詩に,漢詩の和訳と和文の漢訳を添えた構成で,ゲーテの〈ミニヨンの歌〉,シェークスピアの〈オフェリヤ〉,バイロンの〈マンフレッド〉が名訳として知られている。…

※「小金井喜美子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小金井喜美子の関連キーワード製糸業日本科学史インド映画トヨエースSKB児童文学賞奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小金井喜美子の関連情報