小金井良一(読み)こがねい りょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井良一 こがねい-りょういち

1890-1970 大正-昭和時代の内科学者。
明治23年8月6日生まれ。小金井良精(よしきよ)の長男。森鴎外(おうがい)の甥(おい)。海軍軍医少将。目黒海軍共済病院長をへて,昭和15年昭和医専(現昭和大)教授,19年青島(チンタオ)医学学院教授。戦後は国士舘大教授をつとめ,栄養と疾病発生との関係を研究した。昭和45年12月9日死去。80歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android