小除目(読み)しょうじもく

精選版 日本国語大辞典「小除目」の解説

しょう‐じもく セウヂモク【小除目】

〘名〙 臨時の除目。春・秋に行なわれる恒例除目以外に、臨時に行なわれる小規模のもの。こじもく。
※源平盛衰記(14C前)二「同じき六月三日先小除目(セウヂもく)おこなはる」

こ‐じもく ‥ヂモク【小除目】

〘名〙 定まった春秋の除目のほかに臨時に行なわれた小規模の除目。臨時の除目。
※権記‐長保六年(1004)二月二六日「有小除目、大蔵卿任参議

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小除目」の解説

こ‐じもく〔‐ヂモク〕【小除目】

春秋のほかに臨時に行われる小規模の除目。臨時の除目。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小除目の言及

【除目】より

…しかし両除目とも式日に行うのはまれであり,また京官除目で外官を,外官除目で内官を任ずることも多く,叙位が同時に行われることもある。これらの定期除目以外に,臨時に行われるものを臨時除目または小除目(こじもく)という。この中には,大嘗会の悠紀・主基の国司を任ずる大嘗会国司除目,立太子後の春宮坊職員を任ずる坊官除目や,賀茂祭供奉の諸官司の闕を補任する祭除目など,特別の呼名のあるものもある。…

※「小除目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android