小項目主義(読み)しょうこうもくしゅぎ(英語表記)shorter entry type; concise entries; fragmented approach to subjects

図書館情報学用語辞典の解説

小項目主義

百科事典,専門事典などの編纂方式の一つで,見出し1項目の対象範囲を小さくして項目数を多くし,各項目に短文の解説を付したもの.アクセスポイントが多く当該情報が探しやすい,記述が簡潔で読みやすいといった反面,関連項目を体系的に把握しにくい,記述に重複が多くなるといった欠点がある.体系的な検索を可能にするため,相互参照が重要である.歴史的には大項目主義から小項目主義へ向かう傾向が見られるが,Encyclopaedia Britannicaのように,編を分けて2つの方式を共存させている百科事典もある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android