大項目主義(読み)だいこうもくしゅぎ(英語表記)longer entry type; lengthy articles dealing with broad topics

図書館情報学用語辞典の解説

大項目主義

百科事典,専門事典などの編纂方式の一つで,見出し1項目の対象範囲を大きくして項目数を少なくし,各項目に論文のように体系だった比較的長文の解説を付したもの.解説を通読すれば体系的な知識が得られるが,アクセスポイントが少ないので目的とする情報を見付けにくい.この欠点を補うために詳細な索引を必要とする.歴史的には大項目主義から小項目主義へ向かう傾向が見られる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android