コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鳥峠 オドリトウゲ

2件 の用語解説(小鳥峠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おどり‐とうげ〔をどりたうげ〕【小鳥峠】

岐阜県北部、高山市清見(きよみ)にある峠。標高1000メートル。峠西方にはミズバショウなどの群落の見られる湿原がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小鳥峠
おどりとうげ

岐阜県高山市清見(きよみ)町地区にある峠。神通(じんづう)川の上流宮川と、その支流小鳥川両流域の分水界にまたがる峠で、標高1002メートル。高山市中心街と市の西部にある荘川(しょうかわ)町地区とを結ぶ国道158号が通じている。また、峠の南側を小鳥トンネルが通過する。峠の西側では国道158号が東海北陸自動車道と接続している。峠の近くにはミズバショウなどが咲く湿原がある。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone