コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘川 しょうかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘川
しょうかわ

岐阜県北部,高山市西部の旧村域。飛騨山地にある。 1889年村制。 2005年高山市に編入。北に接する白川村とともに,合掌造の民家が残ることで知られる。高冷地野菜の栽培が行なわれる。庄川が中心部を貫流し,北部に御母衣ダムがある。治郎兵衛イチイは国の天然記念物。一部は白山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荘川
しょうかわ

岐阜県北西部、大野郡にあった旧村名(荘川村(むら))。現在は高山市の西部を占める地域。旧荘川村は、2005年(平成17)周辺2町6村とともに高山市に編入。旧村域は、飛騨(ひだ)地方の西部、庄川(しょうがわ)の上流域にあたる。南北に走る国道156号で岐阜、名古屋方面へ交通の便がよく、国道158号によって高山の中心市街へ通じ、ほかに国道257号も走る。また、東海北陸自動車道の荘川インターチェンジが設置されている。庄川沿いの北部諸集落と、同村の穀倉地帯ともいわれた耕地は、御母衣(みぼろ)ダムの建設(1961)で水没。その補償でスキー場、ゴルフ場などが開設された。水没した地区にあった樹齢450年の荘川桜は御母衣湖畔に移植された。また、合掌造りの伝統的民家は「飛騨荘川の里」に移築保存されている。上流の黒谷地区では、標高約1200メートルの高原でソバや野菜が生産され、中京圏などへ出荷されている。[上島正徳]
『『荘川村史』上下(1977・荘川村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荘川の関連キーワード岐阜県高山市荘川町中野岐阜県高山市荘川町猿丸岐阜県高山市荘川町新渕ニホンカワウソ葉山(高知県)日本自然発酵しんじょう君久々野[町]岐阜県高山市津野(町)葉山[村]須崎(市)白川[村]東海北陸道高山(市)日本の民家佐藤 良二荘川音頭白川輪島須崎市

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荘川の関連情報