コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少脚類 しょうきゃくるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少脚類
しょうきゃくるい

節足動物門の1綱Pauropodaを構成する動物群。すべて陸生で、ヤスデモドキが代表種。二叉(にさ)した特異な触角を1対有している。唇脚(しんきゃく)類(ムカデ)、倍脚類(ヤスデ)、結合類(コムカデ)とともに多足類としてまとめられることがあるが、歩肢が9対しかないのでこの名がある(ほかの多足類は11対以上)。また、少脚類の名称は学名の直訳で、pauro-(少ない)、pod(足)の意味である。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の少脚類の言及

【ヤスデモドキ(擬馬陸)】より

…節足動物少脚綱(エダヒゲムシ綱)Pauropodaに属する微小な多足類の総称。少脚類ともいう。体長0.5~2mm,歩脚は9対,触角の先が枝分れしている。…

※「少脚類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone