コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合類 ケツゴウルイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結合類
けつごうるい

節足動物門の1綱を構成する動物群。いわゆる多足類のなかの一群で、コムカデ類ともいわれる。分類学上は昆虫類との間の中間的位置にあり、見かけ上は小さな白いムカデの幼虫に似る。別名、結閥(けつばつ)類、共閥類ともよばれた。[篠原圭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の結合類の言及

【コムカデ】より

…結合類ともいう。節足動物門の結合綱Symphylaに属する小型の動物で,ムカデやヤスデとともに多足類の仲間に入る。…

※「結合類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

結合類の関連キーワード講組結合水素結合結合綱倍脚類少脚類

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android