直訳(読み)チョクヤク

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐やく【直訳】

[名](スル)外国語の文章を、原文に忠実に一語一語をたどるように訳すこと。「英文を直訳する」「直訳体」→意訳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょく‐やく【直訳】

〘名〙
外国語を、その音を漢字仮名を用いて表わすこと。
※和蘭医事問答(1770)下「飲食腸胃に入、其精気化して液汁と成る、此液汁漢語可当者無御座候、夫故直訳に仕、奇縷(ゲーン)と訳申候」
※解体新書(1774)自序三等。一曰翻訳。二曰義訳。三曰直訳」
② 外国語を、その字句・語法に忠実に従って一語一語をたどるように翻訳すること。また、その訳したもの。逐語訳。⇔意訳
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉一「婦人となって鳴返してゐた〈婦人の声でとすれば解りがよいかも知れませんが〈略〉余儀なく直訳に〉」
[語誌](1)①の挙例の「解体新書」にみえる「直訳」は、今日の「音訳」の意味で、例えば、「機里爾(キリイル)腺」などであるが、大槻玄沢「重訂解体新書」(一七九八)では、外国語の表わす意を日本語に当てることの意に用いる。
(2)「解体新書」にいう「翻訳」は日本語に対応する語があり、それに置き換えること、「義訳」は日本語に対応する語がなく、新たに造語して置き換えること、「直訳」は原語の音を漢字や仮名で表わすことである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直訳の関連情報