コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

就労継続支援A・B型事業所 シュウロウケイゾクシエンエービーガタジギョウショ

人事労務用語辞典の解説

就労継続支援A・B型事業所

就労継続支援事業所」とは、障がい者自立支援法に基づく就労継続支援のための施設。一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。同事業所の形態にはA、B二種類あり、「A型」は障がい者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障するしくみの“雇用型”。「B型」は契約を結ばず、利用者が比較的自由に働ける“非雇用型”です。
(2011/9/26掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

就労継続支援A・B型事業所

障害者自立支援法に定めるサービスの一つ。A型は65歳未満で、雇用契約に基づく就労が可能な人、B型は授産施設や作業所など非雇用型の施設で就労可能な人を利用対象にしている。県内ではA型3カ所、B型24カ所(10日現在)の事業所が指定を受けている。

(2007-10-14 朝日新聞 朝刊 大阪島根全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

就労継続支援A・B型事業所の関連キーワード障害者自立支援法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android