就職安定資金融資制度(読み)シュウショクアンテイシキンユウシセイド

デジタル大辞泉の解説

しゅうしょくあんていしきんゆうし‐せいど〔シウシヨクアンテイシキンユウシ‐〕【就職安定資金融資制度】

雇用失業情勢の悪化に対処するために、厚生労働省が平成20年(2008)12月から平成22年(2010)9月までの間実施した離職者援助策。解雇雇い止めなど事業主の都合で離職し、社員寮からの退去を余儀なくされるなど住居を失った人に対して、公共職業安定所が相談窓口となり、労働金庫から住居入居初期費用などを貸し付けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android