退去(読み)のきざり

精選版 日本国語大辞典「退去」の解説

のき‐ざり【退去】

〘名〙 人をそこに残して去ること。特に、夫婦の一方が相手を残して家を出ること。離縁すること。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「口舌には花も紅葉もなかりけり〈一朝〉 のきさりの身は谷の埋木〈松臼〉」

たい‐きょ【退去】

〘名〙 たちのくこと。
※太平記(14C後)三〇「高倉殿京都退去事」
※議院法(明治二二年)(1889)三八条「議長は直に傍聴人を退去せしめ」 〔漢書‐劉向王伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「退去」の解説

たい‐きょ【退去】

[名](スル)今いる場所から立ち去ること。立ちのくこと。「国外に退去する」「退去命令」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android