コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺度法 しゃくどほうscale method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尺度法
しゃくどほう
scale method

広義には態度調査や意見調査,実験などから得られたなまのデータを得点に換算する方法を意味する。狭義には換算が1次式 (線型式) で表わされる方法をいう。これに対してなまのデータをそのままスコアにするものを指標と呼び,1次式以外の代数式で換算するものを指数と呼ぶ。尺度作成に関して広く用いられている方法には等現間隔法リッカート法ガットマン・スケールなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

尺度法の関連キーワードブルーノ クロッファーサーストン法多次元尺度法人事考課序列尺度尺度分析精神年齢態度尺度品等法評定法広義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android