コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺度法 しゃくどほうscale method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尺度法
しゃくどほう
scale method

広義には態度調査や意見調査,実験などから得られたなまのデータを得点に換算する方法を意味する。狭義には換算が1次式 (線型式) で表わされる方法をいう。これに対してなまのデータをそのままスコアにするものを指標と呼び,1次式以外の代数式で換算するものを指数と呼ぶ。尺度作成に関して広く用いられている方法には等現間隔法リッカート法,ガットマン・スケールなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尺度法の関連情報