尺縑(読み)セッケン

大辞林 第三版の解説

せっけん【尺縑】

〔「 縑 」は目の細かい絹織物の意。転じて、画布〕
わずかの絹。
ちょっとした画作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐けん【尺縑】

せっ‐けん セキ‥【尺縑】

〘名〙
① (「縑」は二本合わせて細かく織った絹の意) 一尺(約三〇・三センチメートル)ほどの絹地。わずかばかりの絹。
② 転じて、日本画は絹に描くところから、ほんの小さな画作。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一「この故に無声の詩人には一句なく、無色の画家には尺縑なきも、かく人生を観じ得るの点に於て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android