尾去沢(読み)おさりざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾去沢
おさりざわ

秋田県北東部,鹿角市中部にある集落。旧町名。 1972年花輪町,十和田町,八幡平村と合併して鹿角市となる。尾去沢鉱山の所在地として古くから知られた。現在,鹿角市の郊外住宅地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾去沢の関連情報